メイクの落とし忘れ注意!赤ニキビはニキビ跡の卵です!

赤ニキビサインに早く気付く為に!!

生活の乱れや メイクを落とさずに寝てしまっってニキビができた

白ニキビが、いつの間にか、いたくて痒い赤ニキビに

潰しても潰しても出てくる

その部分だけクレーターみたいな跡になっている

 

赤ニキビになると、絶対に 潰してはいけないのです。
ニキビ跡になるケースが多く、できてしまうと数十年 潰した事を後悔しなくてはならないからです。。

 

1:赤ニキビは、もはや皮膚炎?


赤ニキビは、皮脂が毛穴の中でアクネ菌により炎症を起こした姿です。

 

毛穴の中で脂肪分解酵素が働き皮脂は脂肪酸となるので、ニキビは赤く炎症となってしまいます。
そこにサイトカインという細胞にウィルスが入ってきた際に免疫となって働くタンパク質が大量に発生し、ニキビは赤く腫れあがるのです。

 

この様な理由から自己判断で潰すのは、もっての他。
潰せば跡になるだけなのです。

 

2:皮膚科での具体的な治療法は抗生物質か、抗菌剤


皮膚科では、赤ニキビの中の細菌を殺してしまわないといけないので、抗生物質を処方します。この場合、外用薬もしくは内服薬、両方という方法が取られます。

 

赤ニキビが胸元や体に広がっている場合は、マラセチア毛嚢炎という、カビの一種で起こる皮膚炎である可能性が高いと思われます。その為、抗菌剤が処方されます。

 

 

ただし、抗生物質や抗菌剤の投与は、現在赤ニキビの中にある菌を排除するだけに過ぎない、一過性のものに過ぎません。

 

皮膚科で出来る治療法は、ここまでです。皮膚科で現在表面化している赤ニキビの治療が終わった後に、私たちに出来ることは、なんでしょうか。

 

3:赤ニキビが出来ないようにする対策をたてること

 

赤ニキビを皮膚科で治療した後は、今後出来ないように、予防につとめることがベストな選択です。

 

食事面でいえば、男性的な肉食系の食事や、午前様になるような生活習慣を控えめにする。嗜好品は控える、部屋はこまめに掃除するなど、出来ることからやっていく事です。

 

スキンケアでも、赤ニキビが出来るまで白ニキビが重症化してしまう原因のひとつにメイクをきちんとおとさずに寝てしまうというものもあります。

 

こちらも気をつけておきましょう。

 

⇒トップページで赤ニキビの為のニキビケアも掲載しています

症状ナビで解決!

大人ニキビ 冬の乾燥肌 特集 思春期ニキビ

大人ニキビ×美肌 ホルモンバランスの乱れ

冬ニキビ× 乾燥 保湿と最新技術でケア

ニキビ跡×超保湿 ニキビ跡対策の柔軟ケア